対策を行うために

ホーム > 対策を行うために

具体的対策

停電時に必要最低限の電力を確保することが大切です。
その他の電気設備工事」でもご紹介しておりますが、

  • 太陽光発電設備
  • 蓄電設備
  • 太陽光発電設備+蓄電設備
  • 自家発電設備
  • 家庭用燃料電池

といった方法で電力を確保することが可能です。

斉藤電設では、これらの設備をお客様の必要とする電力量と使い方に合わせて最適な設備をご提案させていただきます。

災害時の電気火災を防ぐために

1、感震ブレーカーの設置

地震発生時に分電盤を一括して遮断します。 地震の揺れをセンサーが感知し、設定されている震度以上の揺れがあった場合には、自動的に電気の供給を遮断します。 設置することで電気火災等による出火を防止することが期待されています。

2、感震コンセントの設置

地震発生時に特定のコンセントの電気を遮断する

リスクマネージメントを行っておくべき業種

・老人介護施設
・診療所
・代替え製造ラインを持たない製造業
・IT、情報処理系企業
・温度管理が必要な研究施設
・金融機関
・スーパー、食料品店

など